スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンデー・サクセス・カレッジ(5)

2008年07月03日 22:33

鳥居先生の講演の後半のテーマは「応援力」。

鳥居先生は「応援力」を2008年以降の時代を象徴する
成功キーワードとして掲げれらています。

【応援力について】

・「今の世の中、スキルがなくても成功できる。
  誠実に優るスキルなし。
  これからの成功のキーワードは
   誠実 Integrity
   規律 Discipline
   正直 Honesty
  の3つである。

・「これからは、みんなで応援してみんなで成功を勝ち取る時代。
  人を勝たせることにフォーカスしたら、自分も勝てる。」

  人を応援すればする程、その応援は自分にも戻ってくる。
  人を応援し、自分も同時に応援される人間になることが、
  成功への道、それが「応援力」であると鳥居先生は仰っている。
  今まで自分は人を応援するということが出来ていなかった。
  でも、今では鳥居先生のメンタープログラムの会員の方や、
  WMの会員の方を本当に応援したいと思える様になった。
  自分のことよりも相手を応援することがとても気持ちがよい。
  この効果は実際にやってみるとわかると思う。

・「プロフィールにストーリーを入れなさい。
  様々な体験、経験を積みなさい。
  人に伝わるのは自分の経験である。」

  この言葉を印象付ける話として鳥居先生は1人の青年を紹介された。
  その青年はスーパーのパートで野菜や果物のラッピングをしている。
  しかし、成功したいという強い思いで貯金をはたいて、夜行バスに乗り、
  鳥居先生に会いに、そしてこのワンデー・サクセス・カレッジに参加するために
  東京までやってきた。
  この青年が5年後、10年後に成功したとき、
  それは立派なストーリーになる・・・。

  「その人に歴史あり」とも言うが、その人にストーリーがなければ、
  人は共感してくれない。
  残念ながら自分にはまだストーリーと言えるものがないと思う。
  だからこそ、これから体験、経験を積んでいって、
  自分のプロフィールにストーリーを増やし、
  また、その経験から得られた価値を他の人を交換できる様になっていきたい。

・「人が喜ぶことにお金を使える人が成功を勝ち取る時代。
  お金は現ナマ(生もの)である。
  あの世にお金は持っていけない。
  生きているうち(特に若いうち)に生き金を使いなさい。」

・「教育、貢献、自己投資にお金を使う。
  成功はお金で買える。
  だから、価値ある人と付き合いなさい」

  残念ながら20代のときは、全くこの様な考え方ができていなかった。
  鳥居先生に20代のときに、お会いできていたらと思う程である。
  でも、今からでもお金に対する考え方を改め、
  価値あることに投資する様にしていきたい。


 鳥居先生の講演はご本人曰く、予め原稿を用意したわけではなく、
 アドリブだったそうであるが、
 その講演は一言一言に含蓄があり、感情を揺り動かすほど、
 とても感動的な講演であった。

 なぜ、人を魅了する話ができるのか。
 それは、鳥居先生が講演でも話されていた通り、
 その人の話が自分の経験に基づいたものだからだと思う。
 自分が経験したことだからこそ、人に訴えかけられる話ができる。
 ストーリーを持つことが大切なのだ。

 最後に行動力について、鳥居先生から伺ったお話であるが、
 鳥居先生は本を読んでいて、良いと思ったことは、
 本を途中で読むことを止めて、直ぐに行動に移されるそうである。
 自分の場合はどうか。
 最後まで読んでよい本だと思って終わってしまっている。
 ここに行動力の差が歴然と現れていると思った。
 先生を見習って、まず行動することができる様にしていきたい。


 -今日の学び-
 「Live like you die tomorrow. (明日死ぬと思って生きなさい)」
 「Study like you live forever. (一生生きると思って勉強しなさい)」
                              (鳥居先生の講演より)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kevin10222.blog17.fc2.com/tb.php/18-7353d5de
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。