スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の夏・伝統の夏

2008年07月20日 23:25

7月19日ついに関東地方が梅雨明け!
関東の梅雨明けは平年より1日早いとのことだが、ついに日本の夏がやってきた。
日本の夏の風物詩といえば、やはりセミ。
先週早々にセミの鳴き声を聞いて、もう夏やな~と思っていたが、
梅雨明けしてからあまりセミの声は聞いていない。
まあ、これから嫌というほど、耳にするとは思うけど。

セミは夏の身近な存在なのに、意外とあまり詳しく知らなかったので、
いつもの様にここで調べてみた。
セミはもともと(亜)熱帯の昆虫で、全世界で、なんと約3,000種、
日本産でも30種類ほどのセミが生息している。
日本産で代表的なセミと言えば、ミンミンゼミ、クマゼミ、アブラゼミ、ニイニイゼミ、
ツクツクボウシ、ヒグラシなどだが、他にも、春に鳴くハルゼミや、
北海道に生息するエゾゼミなどもいる。
個人的には、晩夏の夕方に鳴くヒグラシが、風情があって、いとをかし。
昔、香川の山野で、ヒグラシが鳴く夏の夕暮れ時に、渓流を眺めながら讃岐うどん!
を食べたことがあるけど、こういう情緒は、日本以外では経験できないだろう。
(ヒグラシが日本生息というのもあるけれど)

セミの人生は地中で7年、成虫で1週間とよく言わるが、それは成虫の飼育が困難なため
だそうで、野外では1ヶ月くらいは生息しているという。
ここで、セミの人生を人間にあてはめてみる。
日本人の平均寿命80歳を30日で換算すると、セミの1日は人間でいうと約2年半に相当し、
1時間は1ヶ月と1週間に相当する。そう考えるとセミは猛烈な勢いで生きてるんだと思うと
同時に、人間もセミの様に1日1日を大事に過ごさないといけないなと思う。

日本ではあたりまえの様に耳にするセミの鳴き声だけど、(亜)熱帯の昆虫なので、
日本より緯度の高いところにはあまり生息していない。以前ヨーロッパに夏の期間滞在したとき、
確かにセミの鳴き声が全く無く、暑いにも関わらず夏らしくない経験をしたのを覚えている。
夏といえば、セミ、蚊取り線香(今蚊取りマット?)、花火にビール!(みんな基準は違うけど)。
日本人はそれでこそ夏だと思うんだけど、ヨーロッパ人はセミ知らないのね。
ここの中に書いてある面白い記事で、イソップ童話「アリとキリギリス」はもともと
「アリとセミ」だったそうだが、あまりに知名度が低いために、キリギリスに置き換えられ、
日本にもそのように伝えられたのだと言う。
日本では知名度抜群なんだけど、世界的に名を知らしめる機会を失った昆虫でもある。

他にもセミについて、ググっていたときに、セミの発生数を調査した面白い記事を発見。
この論文では、奈良教育大学付属幼稚園の中にある森、約1,710m2での夏の期間の
セミの発生数を調査している。その数は2004年は179個、2005年は128個だったそうだ。

ここで、ちょっと地頭力の計算。
セミの発生数を2年平均して、154個とする。
日本の森林面積は約2500万ha、m2で言うと、2500x10000x10000m2になる。
セミが単純に森林だけで発生するとして、約1,710m2で154個だから、
日本全体では、なんと、約2.8兆!ものセミがひと夏に日本で生息していることになる。
単純な計算だけど、セミってこんなに日本におるの?と思ってしまう。
日本人よりはるかにセミの方がマジョリティーなんですね。

スポンサーサイト


コメント

  1. Jasmine | URL | -

    Re: 日本の夏・伝統の夏

    Kevinのセミへの愛情が良く伝わってきました(笑)☆
    私もWikipediaはよく使います!!
    それにしても、日本人はマイノリティなんて!びっくり。

  2. Joe | URL | -

    Re: 日本の夏・伝統の夏

    すごいな~
    さすが、kevin。
    このまま、夏休みの自由研究で
    二学期に提出します~(笑)

  3. Jef | URL | -

    Re: 日本の夏・伝統の夏

    そういえば子どもの頃より蝉の鳴き声を効かなくなった様な気がします。
    思い出させてくれてありがとう。今夏は注意してみよう。

  4. Arthur | URL | -

    Re: 日本の夏・伝統の夏

    2.8兆!!!
    もし、そんなにいたとしたら、セミ音楽隊の指揮者は大変ですね。
    ヨーロッパでは、セミってメジャーじゃないなんて…。
    日本の風情ですから、うるさいときもありますが、大切にしたいです。

  5. Wizard | URL | -

    Re: 日本の夏・伝統の夏

    セミの数なんて気にしたことなかったけど、すごい数ですね。
    人間もセミのように一日を大切にしたいです。

  6. Louise | URL | -

    Re: 日本の夏・伝統の夏

    普段当たり前のように目にしていることを意外に知らないというのは良くあることです。シェアしてくださってありがとうございます。私もセミ博士になったような気さえしてしまいます!

  7. Walter | URL | -

    Re: 日本の夏・伝統の夏

    セミが親しくなったような気がします。
    毎年なにげなく耳にしているセミの声。そのセミを題材にこれだけのうんちくを築くKevinはすごい。尊敬します。

  8. chiko | URL | -

    Re: 日本の夏・伝統の夏

    セミって世界で3000種類。すごいなあ。
    我が家は、田舎なので今年もセミの声は聞こえます。暑い夏の暑さを倍増するような声。
    でも、夏の風物詩でいいじゃないか。これからも、一日を大切にして、一所懸命鳴いてね。

  9. エアロ | URL | -

    Re: 日本の夏・伝統の夏

    すごい着眼点ですね。ひとつのことに対して深く見れる探究心がスバラシイ!!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kevin10222.blog17.fc2.com/tb.php/29-4eeb6476
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。