スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥居先生の新刊が遂に発売されます!

2008年12月02日 02:16

私の尊敬するメンターである鳥居祐一先生の1年ぶりの新刊 『スピード・ブランディング』が12月4日に全国発売されます!

スピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させるスピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させる
(2008/12/05)
鳥居 祐一

商品詳細を見る


これからは個人のパーソナルブランディングが必要な時代となります。
『この人と言えば、●●●!』と言える様にブランディングできれば、個性を確立し、他の人より一歩抜き出て、物事を有利に進めることができる様になります。
本書はそのために必要な要素があますことなく公開されており、パーソナルブランディングを目指している人には必読の書です!

12月3日の0:00~23:59の間にアマゾンキャンペーンのこちらから申し込むと、本には書けなかった出版の裏話が聴ける非売品の特別音声ファイルがプレゼントされますので、是非アマゾンキャンペーンをご利用下さい!

         「スピードブランディング」 
~あの成功者はどうやって自分ブランドを築いたのか!!~

目次

はじめに                          

第1章 今、なぜパーソナル・ブランディングなのか?

1.そもそもブランドとは何なのか?                 
2.なぜ今、パーソナル・ブランディングが必要なのか?     
3.なぜ、誰でもパーソナル・ブランディングができるのか?

第2章 パーソナル・ブランディングのメリット

1.ブランディングの7つのメリット      
2.【メリット①】信用力がアップする      
3.【メリット②】人脈が広がる         
4.【メリット③】情報が集まってくる     
5.【メリット④】価格競争に巻き込まれない    
6.【メリット⑤】取材されるようになる    
7.【メリット⑥】出版の可能性が高まる

第3章 ポジショニング

1.ポジショニングとは?      
2.ポジショニングの成功事例     
3.USP                
4.勝てるポジションの見つけ方

第4章 ブランディングの7つのステップ

1.7つのステップとは?         
2.【ステップ1】肩書きを考える    
3.【ステップ2】プロフィール      
4.【ステップ3】ブログやメルマガ    
5.【ステップ4】ホームページ     
6.【ステップ5】セミナーを開催する     
7.【ステップ6】レポートや小冊子  
8.【ステップ7】出版

第5章 ブランディングに必要なツール作りのポイント

1.ブログのポイント     
2.メルマガのポイント         
3.名刺のポイント           
4.その他のツール 

フットサルと六本木オフ会

2008年10月13日 23:55

13日は体育の日ということで、鳥居先生の会員の野口健一さん主催のフットサルに参加し、久々に運動してきました。場所は明治神宮外苑の千駄ヶ谷コート。鳥居先生をはじめとする会員の皆さんや野口さんのフットサル仲間の総勢17名ほどで2時間、フットサルを楽しみました。
3チームに分かれて、ハーフ15分のところ、短めの10分でプレーするも、それすら持たず、直ぐにバテてしまいました(笑)。本格的に体を動かすのは、本当に久々だったため、日頃の運動不足を痛感。
プレーの中で圧巻だったのが、鳥居先生の先制シュート!チャンスを見事に活かして、真っ先にゴールをされたのは、本当に素晴らしかったです。自分もプレー中、へたりながらも1ゴールすることができて満足のフットサルでした。

夕方からは同じく会員の有馬社長が10月1日に新しく六本木にオープンされたお店「蔵」でオフ会がありました。
CIMG0886.jpg
お店は六本木ヒルズの直ぐ隣という絶好の場所にあります。
CIMG0890.jpg
総勢30名以上の会員の方やそのお友達の方が参加され、とても盛況でした。お店の雰囲気も良いし、食事も和食を中心にとても美味しかったです。スタッフの皆さんも明るく気さくな感じの方々ばかりでしたので、きっとこれから繁盛することと思います!
また、オフ会では新たに会員の方々と実際にお会いすることもできました。どの方も明るく気さくな方々ばかりで、素晴らしい人達と楽しいひと時を過ごすことができました。
オフ会でお会いできた皆様ありがとうございました。

北の大地へ

2008年10月05日 19:00

先週、仕事で北海道の苫小牧に行ってきました。北海道へは実に12年ぶりの訪れでした。この季節は北海道もまだ昼間はそれほど寒く無いのですが、夜は一足早い秋を向かえ、もう一着上着が必要な寒さでした。冬は11月始め頃から雪が積もり出し、3月頃まで根雪となるそうです。

苫小牧市は、今回初めて訪れた街でした。駅前くらいしか散策できなかったのですが、駅前にはイトーヨーカ堂や長崎屋などの大型店舗が揃っており、また王子製紙などの工場があるため、煙突からもくもくと煙が吐き出されているのが、印象的でした。
CIMG0865.jpg
苫小牧駅。出勤時間帯にも関わらず、人通りはまばらでした。

今回は1泊2日の出張で、観光の様なことが出来なかったため、せめて食事は北海道の味覚を味わおうと思い、1日目の夜は苫小牧の飲食街に向かいました。そして屋台村の様なところで、ジンギスカンを食べてきました。お店の名前は残念ながら忘れてしまったのですが、ジャンボ尾崎が訪れたときの写真が飾ってあったので、割と有名なお店なのかもしれません。炭火で頂くジンギスカンや、シマチュウに舌鼓を打ち、ビールのピッチも上がりました♪

2日目は午前中に顧客先を訪問し、その後は千歳空港へ直行。お昼は千歳空港の中でとることにしました。北海道といえば海の幸!ということで、海鮮物が食べられるお店に入り、海鮮丼を食べました。
CIMG0867.jpg
北海ちらし丼。いくら、ホタテ、マグロなどがたくさん盛ってあり、美味でした!

お腹が満足した後は、お土産ということで、話題となっている花畑牧場のキャラメルを買おうと思いましたが、空港に到着したときには、すでに長蛇の列!残念ながらフライト時間の都合上、並んで買うことは出来ませんでしたが、行列ができるくらいだから、さぞ美味しいことなのでしょう。
CIMG0870.jpg
列の最後尾の看板。販売時間前には3重くらいに人の列がありました。

北海道はとても広大です。まだ人の手が入っていない木々の中をまっすぐな道が続き、道路も片側4車線ありったりして、アメリカの郊外を車で走ったときのことを思い出しました。
CIMG0872.jpg
千歳空港。滑走路の外は未開の森林が続いていました。

出張時東京は雨空でしたが、北海道は快晴で爽やかな天気でした。次回は仕事ではなく、是非観光で訪れてみたいです。

クレア&イチローの夕べ

2008年09月29日 02:55

一ヶ月近くブログの更新が滞ってしまいましたが、9月27日に素敵なイベントに参加したので、これを機にまた再開したいと思います。

9月27日(土)に鳥居先生主催の「クレア&イチローの夕べ」に参加してきました。
クレア&イチローさんは、マックス石田さんのメルマガ「英語リーディング筋トレ」に、お二人の物語がシリーズで掲載されていたのを読んでとても感動したので、是非お会いしてみたいと思っていました。
クレア&イチロー物語は、ここから無料で読めます。
クレア&イチローさんは、アンソニーロビンズのDWDで運命の出会いをされました!

このイベントは、ザ・パークレジデンス・リッツカールトン東京という、一般の人が容易に立ち入ることの出来ない、日本で最も富裕層が住んでいるという超・高級物件の一室で開催されました。ここからは、六本木ヒルズや、東京の街並みを一望でき、夜になると息を飲むほどの東京の摩天楼が見渡せます。このレジデンスのお部屋に入って、そして素敵な夜景が見られただけでも、今回のイベントに参加する価値があると思いました。

0834.jpg
六本木ヒルズを望む昼間の眺望

CIMG0837.jpg
夜の眺望。実際は写真よりも、もっと素晴らしい眺めです。

CIMG0856.jpg
実はレジデンスに入るときに、東京ミッドタウンから抜けて裏側から入ってしまったために気付かなかったのですが、入口は天井の高い広々としたエントランスがあり、超高級物件であることを実感します。

CIMG0857.jpg
この先のエントランス入口はコンシェルジェが常駐しており、またセキュリティも2重になっています。富裕層はセキュリティを大事にしています。

鳥居先生の講演では、愛が全ての根底、土台であること、また目標設定と同様に、結婚についても、本当に結婚したいのであれば、結婚にフォーカスして行動を起こすこと、というお話が心に響きました。

クレア&イチローさんの講演では、リレーションシップの重要性、潜在意識についてやコミュニケーションスキルなどについて2時間近くに渡って、お話を聞くことができましたが、
・自分の求めているパートナー像を潜在意識に埋め込ませること
・男女のコミュニケーションには
 1.ラポールを築く (引く力:Pull)
 2.性的緊張感を高める (押す力:Push)
 の2つがあり、引き合う力と押し合う力のバランスが取れた状態が必要であること
 (PPM:Push&Pullメソッド)
のお話が特に印象に残りました。

また、この世に完璧な人などいないので、誰にでも欠点はあるが、クレアさんの場合は、イチローさんの欠点を伝えるときも、そのことだけを伝えるのではなく、その欠点が直ってこんなイチローさんになったらもっと素敵だと言うこともちゃんと伝えているそうです。
イチローさんもそれに対して、自分の行動を改めるというよりも、相手を悲しませたくないという思いで、自分の欠点を直されているというお話を伺い、とても素敵で理想的なご夫婦だなと思いました。

今回の講演の中では、直接お話は出ていなかったと思いますが、クレア&イチロー物語の中で「愛の3つのステージ」のことが書かれています。
ステージ1:愛とはもらうもの
ステージ2:愛はギブ・アンド・テイク
ステージ3:愛とは見返りを期待せず、与え続けるもの
利他の心を持って、相手のことを想う、ステージ3こそが真の愛であることを、クレア&イチロー物語は教えてくれます。

鳥居先生の講演、クレア&イチローさんの講演、そして鳥居先生とクレア&イチローさんの対談の後は、懇親会もあり、上質な空間でとても充実した時間を過ごすことが出来ました。

CIMG0839.jpg
(左から順に)鳥居先生、イチローさん、マックス石田さん

CIMG0848.jpg
クレア&イチローさん。とても素敵なご夫婦です!

クレアさんは着物姿がとてもお綺麗です。そして、クレアさんはWMの1期生というお話を聞いて、びっくりしました。自分が11期生で、この前WMを修了したばかりなのですが、1期生の方にお会いできたのはとても光栄でした。

今回のイベントは、ザ・パークレジデンス・リッツカールトン東京という、普段はまず立ち入れないであろうパワースポットで、クレア&イチローさんにお会いでき、そして理想のパートナーについてのお話を伺うことができました。
この様な素敵なイベントを企画して頂いた鳥居先生ありがとうござました!

お釜が。。。

2008年08月28日 00:46

長年愛用していた炊飯器がついにお亡くなりになってしまった。昨夜いつもの様にタイマーセットして、朝炊けているかと思いきや、保温のランプがついてない!蓋を開けてみると、見事に水分をたらふく吸ってぱんぱんのお米が原形のままの姿で水に浸っていたのでした。

朝はちゃんと食べる人、食べない人様々で、朝食も和食派、洋食派と好みがあると思う。また、大きくなってから食習慣を変えたという人もいるだろう。でも、朝食のスタイルも小さいときからの食生活習慣が反映されていると思う。自分の場合は、親が和食党だったので、小さいときから朝食は、米と汁。なので、今でも、朝は米と汁がないと始まらない。ジェームズ・スキナー氏は、朝食は果物だけ食べることを勧めていますが、果物だけだとお腹空いて昼までもたないんですよね。

とにもかくにも、米が食べられないのは困るので、またもや電気店にかけこんだ。なにせ、使っていた炊飯器がなんと20年近くも働いてくれていたため、炊飯器の進歩を全然知らなかったけど、炊飯器の世界も技術的にどんどん進歩している。マイコン型はもはや古く、IH型、そして圧力IH型というのが最新技術らしい。しかも最近は省エネ商品が主流になってきて、マイコン型よりも、最新の(圧力)IH型の方が燃費がいい。ただし、当然最新式の圧力IH型の方が値段が高い。それにしても、本当に〇万円もする圧力IH型炊飯器で米炊いたらうまいのかなぁ~。食べてみたいという気持ちはあったものの、財布と相談して、結局IH型の製品を買うことに。これでもマイコン型より、おいしいお米が食べられそうだ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。